1000時間ヒアリングマラソンの効果は本当にあるの?

イメージ左

結論から言うと私は効果を実感しました!


1000時間ヒアリングマラソンを始める前の私のレベルはTOEIC630点、英検2級。


「ニュースは結構聞けるけど、ドラマや映画は物によっては全然わからない」

「ネイティブの英語は短い会話ならわかるが、長くなると聞き取れない」


こんなレベルでした。


それが1000時間ヒアリングマラソンを受講した結果


半年後のTOEICのリスニングの点数が110点アップ

映画も字幕なしでも大丈夫(完全ではない)

ネイティブ同士の英会話もかなり聴き取れるようになった


私はズボラで、1000時間きちっと真面目にやってたわけではありません。

でも時には集中してやることで随分効果が出たなあ、と実感しています。


以下、私のヒアリングマラソンを受講した体験談とその効果をご紹介します。


おすすめのヒアリング教材こちらspaceアルクの1000時間ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソンの効果があった!私の体験談

ヒアリングマラソン 効果を含め紹介(右より画像)

自己流のやり方ではダメだった!


昔から英語が好きで、英語を聞いたりするのは苦ではありませんでした。

大学までは自分なりに英語の勉強を頑張っていて、その時受けたTOEICの点数は730点。


社会人になると、就いた仕事が英語に関係する職種ではなかったため、

そのうち英語の勉強もおろそかになっていきました。


それでもなるべく英語に触れておきたいと思い、よくスカパーで海外ドラマを見たり、

アメリカン・アイドルなどのリアリティ番組などを英語で聞いたり。


自己流の勉強法を何年も続けていました。


それでも多少リスニング力は上がったとは感じるものの、特に辞書を引くわけでもなかったので

単語がわからず、結局わかる単語の文しか聞き取れません。

いくらたくさん聞いても、やはりそれ以上はリスニング力は上達しないと思い始めました。


単語力をつければいいんでしょうが、若い時と違って記憶力にも自信がないし、

今更単語だけを覚える気にもなりません。


でも、これ以上自己流のやり方でやっていても、あまり上達しないんじゃないか?

もっと効率よく英語を身につけられる方法があるんじゃないか?


と思い、英語の教材に頼ってみるのもいいかもしれない。

と思い立ったわけです。

ズボラな私には全てセットで揃ってて、スケジュールも組んでくれる教材を使う方がいいかも

と思い、ネットで調べた所評判の良かった、ヒアリングマラソンを購入しました。


1000時間ヒアリングマラソンの効果的な学習法

1000時間マラソンのレベルは意外とハード


毎月テキストとCD、副教材としてENGLISH JOURNALと付属CDが送られてきます。

1000時間ヒアリングマラソンは毎日3時間の学習時間が設定されているけど、

働いてて3時間を英語の勉強の時間に充てるのは正直きつい。


私は買う前からキッチリ3時間やるぞ!なんて意気込みは全くなく、気が向いたときに適当にやって

それでリスニング力が上がればいいな〜なんて安易なきもちで始めました。

でもなんとなく、1年以内に終わらなくても全部はとりあえずこなしてやる、くらいの気持ちはありました。


1000時間ヒアリングマラソンのレベルは正直私にはちょっとハードでした。

公式HPではTOEIC550点〜、英検2級〜となっているけど、この教材はもっと上級者向きと感じました。

(ヒアリングマラソンには中級者、初級者コースもあります。以下にご紹介があります。)


私はヒアリングマラソンを始める前に、学習効果がわかるようにTOEICを受けてみようと思いました

結果はなんと630点_| ̄|○ 大学の時から100点以上も落ちてる!汗

自己流のリスニングの勉強だけで10年・・・私の英語力は信じられないほど落ちていました。。


特にやはり単語力と文法までも曖昧になっていて

自分の英語力の落ち方にガックリ・・・。


これではいかん!と思い、ここで多少ヒアリングマラソンをやる気が増しました。


1000時間ヒアリングマラソン 私の学習法


机に向かってする勉強をするには、とてもブランクがありすぎたので

まずはCDをiPhoneに入れてスクリプトをスキャン→パソコンに取り込み→iPhoneに転送し

気が向いたときにいつでも聞ける体制に整えました。


通勤時に電車で聞いたり、休みの日にウォーキングしながら聞いたり。

内容が面白く、気がつくと結構夢中になって聞いてました。

途中わからなくなると止めて、スクリプトで確認。なるほど〜、なんてことを繰り返して聞いてました。


一日3時間なんてこだわらず、やりたいときにやりたい所から始めたので飽きなかったのが良かったと思います。

とにかく内容が英語が好きな人なら興味があるような話題が多いと思うので

気づくと一生懸命聞きとろうとしていることも多かったです。


特に良かったのが、ディクテーションやシャドーイングの練習

私は昔自分で英語の勉強をしていたときは、取り入れたことがなかった勉強法だったので

特にディクテーションをして、自分の本当のヒアリング力の無さがはっきりとわかりました。

今までなんとなく聞き取れてると思っていたのが、全く違うことを言っていたりとか多々ありました。。


毎月の終わりにあるテストがあったおかげで、モチベーションの維持にもつながりました。

根が真面目な私は、初月にあまりひどい点数を取ったので、これじゃ恥ずかしい!><

と思うようになり、月終わりのテストも意識してなるべく毎日、1時間でもやるようにしました。


ただ聞き流すだけでは、正直ヒアリング力はあまり上がらないのでは?と思います。

ある程度集中して聞く時間を設けることが必要です。

毎月来る教材の内容が楽しくて飽きないこと、あまり気負いすぎず自分のペースで進めること

が、継続できる秘訣だと思います。


私のヒアリング力を押し上げてくれた1000時間ヒアリングマラソン


1000時間ヒアリングマラソンを受講し始めてから、半年後に受けたTOEICで760点!!

なんとリスニングが110点も伸びていました。正直驚きでした・・・

自分ではそこまで力がついているなんて実感がなかったからです。

しかもリーディングも少しですが伸びていました。


確かに前回TOEICを受けた時よりも、特にリスニングでは手応えを感じました。

ああ、わかるわかる、といった感じ。

TOEICを受けることも意識していたせいか、次第にヒアリングマラソンの勉強にも集中してやる時間が増えた

ことが良かったのかな、と思います。

自分では楽しんでやっていたので、特に一生懸命やったというつもりはなかったのですが・・・


この結果は本当に嬉しかったです!


受講する前は、教材代に5万円はちょっと高いな・・・と思っていました。

でもよく考えたら、ENGLISH JOURNALだけでも1万7千円くらいはするし、学習方法はとても豊富で

私には1ヶ月ではとても終わらない程の量でした。

それに自分が今まで取り組んで来なかった勉強法を教えてくれる

それだけでも価値はありました。

さらにこれだけのお金を出すんだから、身につけなきゃ損!という気持ちで持続できたのも一因かなと思います。


もうすぐ受講して1年になりますが、おそらく半年前よりもっとヒアリング力が上がっていると思います。

次にTOEICを受けるのが楽しみです。


アルクの公式HPにある体験談も参考になります こちら 1000時間ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンにはレベルや目的に合わせて4種類あります


ヒアリングマラソンの種類はたくさんありますが、基本の4種類をご紹介します。

アルクのHPにあるレベルは以下となっていますが、それよりも多少高めに設定されていると思って下さい。

1000時間ヒアリングマラソンが自分には難しそうだ、と感じた方は中級コースから始めるといいかもしれません。


1000時間ヒアリングマラソン TOEIC550点〜 、英検2級程度

英語ニュース、ドラマ、映画など旬の素材で毎月制作。精聴と多聴を組み合わせ、日常会話はもちろん、仕事でも通用する英語力のマスターを目指します。


ヒアリングマラソンビジネスコース TOEIC500点〜、英検準2級程度

英語のインプットとアウトプットを同時に高めるクリティカルリスニングにより、ビジネスシーンで英語が聞き取れない、話せないという悩みを解消します。


ヒアリングマラソン中級コース TOEIC450点〜、英検準2級程度

英語を着実に力をつける3ランドシステム採用。あえてナチュラルスピードの英語素材を使用し、無理のないリスニング力アップを目指します。


ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo! TOEIC300点〜、英検4〜3級程度

リスニングに自信がない方でも無理なく楽しく学べ、半年後には短期間の海外旅行でも困らないレベルのリスニング力に仕上げていきます。

1000時間ヒアリングマラソンのお得情報

ヒアリングマラソンのサンプル音声を聞くことができます

アルクの公式HPでヒアリングマラソンのサンプル音声を聞くことができるので、中身が気になる人は購入する前に試聴することをおすすめします。

アルクのヒアリング教材、1000時間ヒアリングマラソンの効果は?

ヒアリングマラソンは1年受講する講座でテキストの内容は幅広く、映画やドラマ、ラジオ講座、歌の歌詞で覚えたり、リピーティングやシャドーイングで発音や会話の練習もできたり、または月に一度のテストがあったりと、内容が盛りだくさんなため、最初はどこから初めていいのか迷ってしまう方も多いようです。

最初から一日2時間も3時間もやろうと思ってもなかなか続きませんが、ヒアリングマラソンは一日1時間でも十分で、自分のペースで、通勤、通学時間や、休憩時間、ウォーキングの時、またはジムでトレーニングの時間などに聞き流すだけでも十分リスニング力向上の効果を発揮してくれます。

テキストもどこから初めてもよく、また内容も海外のニュースや話題の映画など生の英語を取り入れているので、飽きることがなく、楽しく継続できる、というのが大きな特徴です。

楽しんで英語を聞いていたら、いつのまにか字幕なしで映画がわかるようになった!という方や、TOEICのリスニングの点数が上がった!という多くの声があります。

Copyright © 1000時間ヒアリングマラソンの効果を検証! All rights reserved